スポンサーリンク

2016年7月2日土曜日

バングラディッシュ人質に日本人の可能性 武装グループの立てこもり事件

バングラディッシュ人質に日本人の可能性 武装グループの立てこもり事件

バングラディッシュで立て篭り事件が発生しました。

菅官房長官は、2日午前8時半から臨時に記者会見し、バングラデシュで飲食店に武装グループが押し入り、客などを人質にとって立てこもっている事件で、日本人が巻き込まれている可能性があるとして、情報収集などに全力を挙げる考えを示しました。
この中で菅官房長官は「在バングラデシュ日本大使館によれば、日本時間の午前0時30分ごろ、ダッカ市内のレストランにおいて、武装グループが人質を取って立てこもり、警察との銃撃戦が発生し、警察官などに負傷者が発生しているもようだ。本件に日本人が含まれている可能性もあることから、現在事実関係の確認に全力を挙げている」と述べました。

人質の中に日本人が巻き込まれている可能性があることが判明しました。


安倍総理大臣は「人命第一の対応を指示」しました
安倍総理大臣は2日午前9時すぎ、総理大臣官邸に入る際、記者団に対し、「バングラデシュのダッカで発生したレストランにおける武装グループの襲撃・人質事件に、日本人が巻き込まれている可能性があり、私から、情報収集と事実関係の確認、バングラデシュをはじめ、関係各国と緊密に連携して人命第一に対応するよう指示した」と述べました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160702/k10010580721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 より


NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160702/k10010580701000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

人質に日本人の可能性 バングラデシュの立てこもり

菅官房長官は、2日午前8時半から臨時に記者会見し、バングラデシュで飲食店に武装グループが押し入り、客などを人質にとって立てこもっている事件で、日本人が巻き込まれている可能性があるとして、情報収集などに全力を挙げる考えを示しました。


この中で菅官房長官は「在バングラデシュ日本大使館によれば、日本時間の午前0時30分ごろ、ダッカ市内のレストランにおいて、武装グループが人質を取って立てこもり、警察との銃撃戦が発生し、警察官などに負傷者が発生しているもようだ。本件に日本人が含まれている可能性もあることから、現在事実関係の確認に全力を挙げている」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は「安倍総理大臣からは情報の収集、事実関係の確認に全力を挙げること、バングラデシュをはじめ、関係各国と緊密に協力をし、人命第一に対応することの2点の指示があった」と述べました。
また、菅官房長官は「政府はバングラデシュ日本大使館に現地対策本部を午前2時45分に設置し、現地に滞在する在留邦人および旅行者に対し、注意喚起メールの一斉送信を行った。また、総理大臣官邸に情報連絡室を設置し、情報収集にあたるとともに、現在これを官邸対策室に改組して人命優先に対応しているところだ」と述べました。
さらに菅官房長官は『国際テロ情報収集ユニット』の関係者を現地に派遣するとともに、事件対応にあたるため、安倍総理大臣がきょう予定していた北海道での遊説を中止すると発表しました。


外相「安全確保に全力」

岸田外務大臣は2日8時半ごろ、外務省で記者団に対し、「人質に日本人が含まれている可能性があるので、日本時間の午前4時50分、緊急対策本部を立ち上げ、日本人の安全確保や事実関係の確認に全力を挙げている。官邸とも調整のうえ、『国際テロ情報収集ユニット』の関係者を現地に派遣し、情報収集を強化することとした。いかなる理由であれ、テロは許されず、政府としては国際社会と連携し、テロ対策に取り組んでいく」と述べました。

政府高官「連絡取れない日本人複数」

政府高官は記者団に対し、「連絡が取れない日本人が複数いるという情報がある。連絡が取れない人が事件で人質になっているのか、けが人や死者の中にいるのかは、まだ分からない」と述べました。

外務省が渡航情報

バングラデシュで飲食店に武装グループが押し入り、客などを人質にとって立てこもっている事件を受けて、外務省は現地に滞在する日本人や、渡航を予定している旅行客などに対し、不測の事態に巻き込まれないよう、最新の関連情報の入手に努めることなどを呼びかける渡航情報を出しました。
渡航情報では、政府の施設や公共交通機関、それに観光施設など、不特定多数の人が集まり、テロの標的となりやすい場所を訪問する際には、周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知したら、速やかにその場を離れることなどを求めています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース