スポンサーリンク

2016年7月12日火曜日

鳥越氏都知事選出馬表明 野党4党公認「自分から手を挙げた」 政策、公約は“これから”

鳥越氏都知事選出馬表明 野党4党公認「自分から手を挙げた」 政策、公約は“これから”

東京都知事選へジャーナリストの鳥越俊太郎氏が明進党公認での立候補を表明しました。

鳥越氏は反安倍を内閣と家系を偽っていた事で知られているジャーナリストです。

「住んで良し、働いて良し、環境に良しの“3つの良し”を持つ東京都に全力を捧げたい」と都政にかける思いを熱く語った。
経済政策については「公共事業で経済を良くするのではなく、託児所や高齢化など東京都が抱える問題に税金を使って経済を活性化させたい」と話したが、具体的な政策や公約は「前日、出馬を決めたばかり」として“これから”を強調した。
しかし、肝心の政策についてはからっぽのようです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1499 より

ヤフーニュースより

鳥越氏「自分から手を挙げた」 政策、公約は“これから”

スポニチアネックス 7月12日(火)14時46分配信

東京都知事選(14日告示、31日投開票)への立候補を表明したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は12日の会見で「住んで良し、働いて良し、環境に良しの“3つの良し”を持つ東京都に全力を捧げたい」と都政にかける思いを熱く語った。

 立候補については「民進党から出馬の打診があったのではなく自分で手を挙げた。そこへ声が掛かった」と説明。改憲勢力が3分の2を超えた参院選の結果に危機感を感じ「(政治家、役人など)インサイダーにはならず(記者、キャスターなど)アウトサイダーであろうと思っていたが“内なる声”にうながされて立候補することにした」と話した。

 経済政策については「公共事業で経済を良くするのではなく、託児所や高齢化など東京都が抱える問題に税金を使って経済を活性化させたい」と話したが、具体的な政策や公約は「前日、出馬を決めたばかり」として“これから”を強調した。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース