スポンサーリンク

2016年7月6日水曜日

《動画》『当選したら都議会を冒頭で解散したい』 自民 小池氏 党推薦受けなくても立候補へ 東京都都知事選

『当選したら都議会を冒頭で解散したい』 自民 小池氏 党推薦受けなくても立候補へ 東京都都知事選


都知事選への立候補を表明している自民党の小池百合子元防衛大臣は自民党の推薦がなくても立候補する事を表明しました。
小池氏は「自民党は家族的で、すばらしい政党だが、東京都連は改革が必要だ。どこで誰が何を決めているのか、不透明なところが多い」と指摘しました。そして「当選したら、都議会を冒頭で解散したい。分裂選挙と言われるが、都議会と都民の分裂ではないか。民心が離れては、暖かい政策は実現できず、都民の声を聞きたい」と述べました。一方で、小池氏は、「参議院選挙のまっただ中であり、自民党員として、最後まで一生懸命、党の候補者を応援する。あくまでも私は自民党員だ」と述べ、みずから離党する考えはないと強調しました。

当選したら、都議会を冒頭で解散したい。

と断言をしました。都議会自民党はこの発言をどう感じるのでしょうか?
抵抗するのか?舛添都知事の問題で露呈した問題を自ら襟を正す気がなければ小池氏の公約の都議会解散は都民にとって魅力的なものに見えるでしょう。

【都議会冒頭解散を公約に掲げる】
小池百合子氏 東京都知事選挙出馬表明記者会見



NHKニュースより

都知事選 自民 小池氏は党推薦受けずに立候補へ

東京都知事選挙を巡って、自民党の小池百合子・元防衛大臣は6日、国会内で記者会見し、党の推薦は受けずに、立候補する考えを示したうえで、「しがらみの無い都民の目線で戦える」と述べました。


今月14日に告示される東京都知事選挙を巡って、自民党の小池百合子・元防衛大臣は5日、東京都連の会長を務める石原経済再生担当大臣と会談し、推薦を要請したうえで、早急に都連の方針を決めるよう求めたのに対し、石原氏は、参議院選挙後に方針を決定する考えを伝えました。
これを受けて小池氏は6日記者会見し、「改めて立候補を表明する。政策を論じる時間が無くなることなどを総合的に判断し、このままでは推薦を得られないので、不本意ながらパラシュート無しの立候補となる」と述べ、党の推薦は受けずに、立候補する考えを示しました。そのうえで「リスクは山ほどあるが、都民目線のさまざまな問題解決のために、覚悟を持って臨みたい。むしろ、しがらみの無い都民の目線で戦える」と述べました。

また、小池氏は「自民党は家族的で、すばらしい政党だが、東京都連は改革が必要だ。どこで誰が何を決めているのか、不透明なところが多い」と指摘しました。そして「当選したら、都議会を冒頭で解散したい。分裂選挙と言われるが、都議会と都民の分裂ではないか。民心が離れては、暖かい政策は実現できず、都民の声を聞きたい」と述べました。一方で、小池氏は、「参議院選挙のまっただ中であり、自民党員として、最後まで一生懸命、党の候補者を応援する。あくまでも私は自民党員だ」と述べ、みずから離党する考えはないと強調しました。

自民党東京都連は岩手県知事も務めた増田寛也・元総務大臣の擁立を目指しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース