スポンサーリンク

2016年7月9日土曜日

北朝鮮が潜水艦弾道ミサイル発射=米への圧力を強める 発射は成功、飛行は失敗か?

北朝鮮が潜水艦弾道ミサイル発射=米への圧力を強める 発射は成功、飛行は失敗か?

北朝鮮が潜水艦発射の弾道ミサイルSLBMを発射しました。

発射後のミサイルの飛行には失敗したようですが、技術は着実に蓄積しているようです。

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は9日午前11時半(日本時間同)ごろ、東部・新浦沖の日本海で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる飛翔(ひしょう)体1発を発射した。
合同参謀本部は「潜水艦からの射出は正常に行われたが、初期飛行には失敗したと推定される」という分析結果を明らかにした。
http://blogos.com/article/111828/ 


ヤフーニュースより

北朝鮮、潜水艦弾道ミサイル発射=米韓けん制、失敗か

時事通信7月9日(土)12時7分配信

【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は9日午前11時半(日本時間同)ごろ、東部・新浦沖の日本海で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる飛翔(ひしょう)体1発を発射した。

合同参謀本部は「潜水艦からの射出は正常に行われたが、初期飛行には失敗したと推定される」という分析結果を明らかにした。

 北朝鮮は米政府が人権侵害に関し、金正恩朝鮮労働党委員長を制裁対象に指定したことに「宣戦布告」と強く反発し、「超強硬措置」を予告。また、米韓両政府は8日、在韓米軍への地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備を正式決定しており、技術的な検証に加え、米韓をけん制する狙いもあるとみられる。

 北朝鮮は4月23日にもSLBM1発を撃ち、国営の朝鮮中央通信は翌24日、「発射実験に成功した」と報道。韓国軍は「実戦配備にはまだ遠いものの、技術水準は向上している」とみて警戒、対応を急いでいる。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース