スポンサーリンク

2016年7月25日月曜日

ドイツ・ミュンヘン銃乱射事件 実行犯の16歳友人逮捕=犯行計画知っていた疑い―独乱射

ドイツ・ミュンヘン銃乱射事件 実行犯の16歳友人逮捕=犯行計画知っていた疑い―独乱射

ドイツ・ミュンヘンで発生し9人が死亡した銃乱射事件ですが、警察は犯人の友人を逮捕しました。

犯行計画を知りながら通報しなかった疑いです。

ヨーロッパではテロの計画を知った時には通報しないと犯罪のようです。
http://www.asahi.com/articles/ASJ7R0HMNJ7QUHBI03Q.html より



ヤフーニュースより

実行犯の16歳友人逮捕=犯行計画知っていた疑い―独乱射

時事通信7月25日(月)5時26分配信

【ミュンヘン(独南部)時事】ドイツ南部ミュンヘンで9人が犠牲になった銃乱射事件で、地元警察は24日、犯行後に自殺したイラン系の容疑者の男(18)の友人である少年(16)を逮捕したと発表した。



 犯行計画を知りながら通報しなかった疑いが持たれている。

 逮捕されたのはアフガニスタン人で、特殊部隊が24日、ミュンヘン市内の自宅で逮捕した。事件ではイラン系の男が単独で犯行に及んだとみられている。警察は逮捕した少年を通じ、実行犯の動機や背後関係を把握する狙いとみられる。

 少年は22日の事件発生直後に警察に出頭。実行犯との関係について聴取を受けたが、警察は説明に矛盾点があると判断していた。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース