スポンサーリンク

2016年6月21日火曜日

《悲報》有田芳生議員がないとTwitterで断言していたムスダンを北朝鮮が発射準備 中谷防衛相自衛隊に破壊措置命令

《悲報》有田芳生議員がないとTwitterで断言していたムスダンを北朝鮮が発射準備 中谷防衛相自衛隊に破壊措置命令

北朝鮮がまたもや弾道ミサイルを発射する兆候があります。
中谷防衛相はこの危機に対応するために自衛隊に破壊措置命令を出しました。

北朝鮮がミサイル発射準備 G7声明への報復か? 日本政府が破壊措置命令を発動

この破壊措置命令はG7閉幕直後に次ぐものです。

ここで有田芳生参議院議員のTwitterの過去の発言を見てみましょう!

民進党の有田芳生参議院議員は自身のTwitterでこのように発言していました。
”少なくとも参議院選挙が終わるまで、北朝鮮がムスダンを発射することはないだろう。日本政府は危機感を煽るパフォーマンスをやめるべきだ。”
https://twitter.com/aritayoshifu/status/738529076655230976

有田議員がどこから情報を得ていたのか非常に気になりますが、残念ながら有田議員の情報と違い、北朝鮮は参議院選の前にミサイル「ムスダン」を発射するようです。




ヤフーニュースより

中谷防衛相、自衛隊に破壊措置命令=北朝鮮ミサイルの兆候

時事通信 6月21日(火)13時18分配信  中谷元防衛相は21日、北朝鮮による弾道ミサイル発射の兆候があるとして、自衛隊に破壊措置命令を出した。




 政府関係者が明らかにした。

 これを受け、自衛隊は東京・市谷本村町の防衛省内などに地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊を展開するとともに、日本周辺海域では迎撃ミサイルSM3を搭載したイージス艦により、警戒監視を強化する。

 政府は先月30日にも破壊措置命令を発出。翌31日に北朝鮮は中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられる発射実験を行った。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース