スポンサーリンク

2016年6月13日月曜日

舛添知事 最後の発言全文「どうか少しの猶予を・給料全額返納」NHKの伝え方

舛添知事 最後の発言全文「どうか少しの猶予を・給料全額返納」NHKの伝え方

舛添都知事の政治資金疑惑についての追求が都議会総務委員会集中審議にて開催されました

舛添都知事最後のお願い 『不信任猶予を』知事給与全額カットを申し出

舛添都知事はオリンピックに影響が出るので『不信任に猶予を』と給与の全額カットとともに申し出ました。
NHKニュースではその発言の全文を伝えていますが、”オリンピックを人質に取った発言”
とも言える内容のようです。





NHKニュースより

舛添知事 最後の発言全文「どうか少しの猶予を」

東京都の舛添知事は、13日の都議会・総務委員会の集中審議の最後に、次のように発言しました。
これまで都民の皆様また、都議会の皆様に大変なご迷惑、ご心配を、おかけいたしておりますこと、改めて心から陳謝を申し上げます。
私は「東京を世界一の都市にしたい」、そういう思いで、都知事に当選させていただきました。これまで一生懸命、私は、都政の発展のために努力をしてきたつもりでございます。



しかし、今回一連のこの私に関する問題でさらなるご迷惑を皆様におかけしております。
そういうなかで、私は、自分なりの説明をしようと思いましたが、「知事自身、また、知事の関係者の説明では、それは信頼できない」と、そういう声がありましたので、検事出身の弁護士の皆様に厳しい目で調査報告書を出していただきました。
そして、主に、国会議員時代のことでありますけれども、さまざまな不適切があったということを指摘されました。そういうなかで、私は、まず、いろんなことで、身を処していかないといけないというふうに思います。
まずは、神奈川県湯河原町の施設は先ほど申し上げましたように売却をいたします。そして、不適切だと指摘されました項目につきましては返金し、もちろん自分の費用で返金し、それを慈善団体のようなところに寄付したいと思っております。
それから政治資金で購入した美術品につきましても都立病院であるとか福祉施設とかにぜひお使いいただきたいと思っています。財テクをやる気は全くございません。
きょうも私は一生懸命、皆様のご質問にお答えしたつもりでありますけども、しかし、なお、厳しいご批判があるのは重々、この胸に刻んでおります。
そういうなかで、何人かの委員の方々から、『不信任案を提案したい』ということがありました。極めて重く受けとめております。
そういうなかで、私はきょうは都民の皆様、都議会の皆様にお願いしたいことがございます。それは、もし、私に対する不信任案が可決された場合には、法律上は、私が辞任するか、ないしは議会を解散するかの選択を迫られます。
そうしますと、いずれにしましても選挙ということになります。その選挙の時期が、どうしてもリオデジャネイロのオリンピック・パラリンピックのときに重なります。
私は、知事として、断腸の思いでありますのは、次期開催都市で、こういう選挙というのをリオ五輪ときにやるということは、本当にこの国家的大事業である、2020年大会にとって、極めてマイナスであり、もちろんこれは私の不徳の致すところの発端であることは、重々承知をしております。
どうか、少しの猶予をいただきたいというふうに思ってます。それは、私が知事の座に連綿としてしがみつくと、そういうことでは、ございません。私は、すべての給料をご辞退申し上げて、全身全霊、都民のため、都政のために働きたいと思っております。
そして、選挙というようなことで、リオ五輪と重なりますので、そういう混乱はどうしても、公益に、これはそぐわないと、そういう極めて厳しい判断をしているところでございます。
どうか、そういう意味で、この時期を、猶予していただいて、そして、そのうえで、私が、都知事としてふさわしくないと、そういうご判断を都議会の皆様がなさるときには不信任案を提出していただければと思います。私の思いは、そういうことでございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース