スポンサーリンク

2016年6月25日土曜日

G7 伊勢志摩サミットの成果通りに金融安定で緊密協力=英EU離脱で共同声明―金融・為替安定に「必要な対応」

G7 伊勢志摩サミットの成果通りに金融安定で緊密協力=英EU離脱で共同声明―金融・為替安定に「必要な対応」

イギリスのEU離脱が決定的になった事でG7が緊密な連絡をとってこの危機に対応していく事になりました。

BBCが報道「EU離脱多数が確実」 イギリス国民投票 世界経済への影響は甚大 


この自体は伊勢志摩サミットの際に予想していた事で、対応策を協議していたので素早い対応がとれるようです。

G7伊勢志摩サミットの『G7伊勢志摩首脳宣言』 紹介



ヤフーニュースより

金融安定で緊密協力=英EU離脱で共同声明―日本、円高に「必要な対応」・G7

時事通信6月24日(金)18時10分配信
日米欧の先進7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁は24日、英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利し、金融市場に動揺が広がっていることを踏まえ、電話で緊急会議を開いた。G7は「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは経済・金融の安定に悪影響を与えることを再認識する」と声明を発表。市場の動向と金融の安定を緊密に協議し、適切に協力することで一致した。




 金融市場の混乱が長期化するのを回避し、G7の強い結束を示すのが狙い。日銀、米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行など日米欧の中央銀行は、市場の十分な流動性を担保するため、ドル資金の供給で協調する。声明では「G7の中央銀行は流動性供給のための手段を用いる用意がある」と市場安定に万全の構えであることを強調した。

 麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁は共同談話を公表し、「為替市場の動向をこれまで以上に注視し、必要に応じて対応を行う」と表明。急激な円高進行には円売り介入も辞さない姿勢を示した。財務省と日銀、金融庁は25日午後に財務省内で国際金融市場に関する情報交換会合を開催する。


0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース