スポンサーリンク

2016年6月16日木曜日

中国が非難!オバマ米大統領がダライ・ラマと会談、人権擁護を「強く支持」

中国が非難!オバマ米大統領がダライ・ラマと会談、人権擁護を「強く支持」

アメリカのオバマ大統領がダライ・ラマ14世とホワイトハウスで会談を行いました。

オバマ米大統領は15日、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世とホワイトハウスで会談し、チベット独自の宗教、文化、言語、伝統を保護することや、中国においてチベットの人々の人権を対等に擁護することへの「強い支持」を強調した。ホワイトハウスはメディアの取材を認めず、文書で報道発表した。
 オバマ氏は会談で、ダライ・ラマに中国当局との対話や緊張緩和を促すとともに、チベットは中国の一部であり、その独立を支持しないとする米政府の立場を強調。ダライ・ラマはチベットの独立を目指さず、中国側との対話の再開を望んでいると述べた。

チベットを武力により侵略・統治している中国はこの会談に反発をしています。
中国にとって気に入らない事が起こった場合にはそれが世界のどこで起ころうとも中国外務省が非難声明を出すのが恒例ですね。
中国の余裕のなさ、心の狭さが明らかになる事例ですね。

http://www.sankei.com/world/photos/160616/wor1606160010-p1.html より


産経ニュースより 
http://www.sankei.com/world/news/160616/wor1606160010-n1.html

オバマ米大統領がダライ・ラマと会談、人権擁護を「強く支持」


【ワシントン=加納宏幸】オバマ米大統領は15日、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世とホワイトハウスで会談し、チベット独自の宗教、文化、言語、伝統を保護することや、中国においてチベットの人々の人権を対等に擁護することへの「強い支持」を強調した。ホワイトハウスはメディアの取材を認めず、文書で報道発表した。

 オバマ氏は会談で、ダライ・ラマに中国当局との対話や緊張緩和を促すとともに、チベットは中国の一部であり、その独立を支持しないとする米政府の立場を強調。ダライ・ラマはチベットの独立を目指さず、中国側との対話の再開を望んでいると述べた。

 ダライ・ラマはこのほか、米南部フロリダ州での銃乱射事件の犠牲者に哀悼の意を表明。オバマ氏との間で、建設的で生産的な米中関係が重要であるとの認識で一致した。

 会談は2014年2月に続き4回目。前回と同じく大統領が主に私的会合に用いる「マップルーム(地図の間)」が使われた。中国当局はダライ・ラマを「チベット独立主義者」とみなしており、米側の対応に「チベット独立勢力に誤ったシグナルを送り、中米の相互信頼と協力を損なう」(中国外務省の陸慷報道官)と反発している。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース