スポンサーリンク

2016年6月24日金曜日

BBCが報道「EU離脱多数が確実」 イギリス国民投票 世界経済への影響は甚大

BBCが報道「EU離脱多数が確実」 イギリス国民投票 世界経済への影響は甚大

イギリスのEU離脱の国民投票の開票が行われていますが、
BBCが「EU離脱多数が確実」と報道しました。

BBC開票速報 WEB SITE

ロイター イギリスEU離脱特集 WEB SITE

http://www.tabikobo.com/area/uk/ より

NHKニュースより

英国民投票 「EU離脱多数が確実」英BBC

イギリスで23日に行われたEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票でイギリスの公共放送BBCは、離脱の票が多数を占めることが確実になったと伝えました。これによってイギリスは今後離脱に向けた手続きを進めるものとみられます。
イギリスのEUからの離脱の賛否を問う国民投票は、23日投票が行われ即日開票されました。


これまでの開票作業では日本時間の午後1時現在、「離脱」が1454万9007票で51.7%、「残留」が1360万4474票で48.3%と離脱が上回っています。

開票作業は続いていますが、イギリスの公共放送BBCは、日本時間の午後0時40分ごろ、離脱の票が多数を占めることが確実になったと伝えました。

また、これに先だってEUからの離脱を訴えてきたイギリス独立党のファラージュ党首は、支持者を前に演説し、「われわれは勝利するだろう。イギリス独立の夜明けだ。6月23日はわれわれの独立記念日になるだろう」と述べました。

今回の国民投票の投票率は72.2%と去年5月の総選挙の66.1%を大きく上回り有権者の関心の高さを示すものとなりました。

離脱派は、EUが定める「移動の自由」のもと、加盟国からの移民が急増していることで職が奪われ、社会保障費が圧迫されていると訴えてきました。また、EUが決めるルールに縛られ、イギリスの政策の自由度が狭まっているとして、「主権を取り戻そう」というスローガンをもとに離脱への支持を呼びかけてきました。
残留派は、当初は優位に運動を進めていましたが、最終的には、態度を決めかねていた有権者が移民問題への不満やEUへの不信感から、離脱に傾いたものとみられます。

離脱派の勝利が確実になったことで、イギリスは今後EUからの離脱に向けて手続きを進めるものとみられ、金融市場の混乱が懸念されるほか、EUの将来にも大きな影響を与えるものとみられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース