スポンサーリンク

2016年5月13日金曜日

FBIが調査開始 現マレーシア首相の親族1MDB資金で米の高級物件を購入 政府系投資ファンドより流れた7億ドルの一部

FBIが調査開始 現マレーシア首相の親族1MDB資金で米の高級物件を購入 政府系投資ファンドより流れた7億ドルの一部

マレーシアのナジブ首相が関わってる政府系投資ファンド「1MDB」による
巨額汚職事件ですが、ナジブ首相に渡った7億ドルの1部をナジブ首相の義理の息子がアメリカの高級不動産購入に使用してしていた事がわかりました。


この疑惑についてアメリカ連邦捜査局(FBI)が調査を開始しているそうです。

世界的に注目されているのこの疑惑はどこまで広がるのでしょうか?




THE WALL STREET JOURNAL より

マレーシア首相の親族、1MDB資金で米の高級物件を購入=関係筋 

マレーシアの政府系投資ファンド「ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)」から流出したとされる資金のうち5000万ドル以上を、ナジブ首相の義理の息子がニューヨークやロサンゼルスの不動産の購入に充てていたもようだ。 


 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が確認した文書や複数の関係者の話によると、ナジブ首相の義理の息子である映画プロデューサーのリザ・アジズ氏は、1MDBを出どころとする資金で、ニューヨークのセントラルパークを見下ろすコンドミニアム「パーク・ローレル」の部屋を購入していた。3350万ドルのメゾネットタイプの物件で、広さは7700平方フィート(約715平方メート)だ。
 アジズ氏はそのほか、1MDB から流出した1750万ドル以上の資金で、ビバリーヒルズにある邸宅も購入していた。120フィート(約36メートル)のプールがある1万1000平方フィートの物件だという。
 複数の関係者によると、連邦捜査局(FBI)がこれらの物件の購入資金について捜査している。FBIは1MDBの不正流用について広範な捜査を展開中だ。
 捜査官らは、購入資金について、アジズ氏が保有する海外企業レッド・グラナイト・キャピタルに移された2億3800万ドル以上の資金の一部が充てられたとみている。資金を移動したのは、1MDBの資金流用で中心的役割を果たしたとみられている企業だという。WSJは先に、1MDBを出どころとする1億5500万ドルがアジズ氏の会社に流れていたと伝えている。その多くは13年の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013年)の製作費に充てられたとみられる。

続きは THE WALL STREET JOURNAL よりご覧ください

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース