スポンサーリンク

2016年5月16日月曜日

芥川賞作家が米軍基地に侵入して身柄拘束されるも拘束は違法と提訴 プロ当たり屋か?

芥川賞作家が米軍基地に侵入して身柄拘束されるも拘束は違法と提訴 プロ当たり屋か?


芥川賞作家目取真俊氏は米軍辺野古基地への抗議活動で会場から基地に侵入し
不法侵入により拘束されましたが、
この拘束が違法として日本国政府に慰謝料など約60万円を求め、那覇地裁に提訴しました。

http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201605/0009076810.shtml より


いつも不思議な主張をする LITERA(リテラ)による目取氏擁護の記事によると
辺野古で米軍に拘束された芥川賞作家・目取真俊が「不当逮捕」の実態を告白! 百田尚樹の沖縄ヘイトデマ批判も


当時、産経新聞などは、目取真氏逮捕の経緯について「関係者によると、男性はカヌーでシュワブの周辺海域から米軍提供区域に上陸したとして身柄を拘束された」(4月1日付)と報じていたが、実際はまったくちがっていた。4月1日、辺野古沖で目取真氏がカヌーで仲間とともに活動中、メンバーが米軍の警備員に腕を掴まれているのを見て抗議したところ、目取真氏は陸上に無理やり引きずられて拘束されたのだという。
 目取真氏は、あたかも自発的に上陸したかのような一部報道は、報道機関が警察からのネタをそのまま垂れ流していることが原因だと指摘する。
カヌーに乗りながら陸上に無理やり引きずられて拘束?
海上の陸上から離れた地点がすでに立ち入り禁止エリアになっているのにこの目取氏が引きずられて陸上に上がったということはどれだけ陸上に近い立ち入り禁止エリアに立ち入っていたのでしょうか?

立ち入り禁止エリアに立ち入ったら拘束されるのは誰でもわかっているのに不当拘束と騒げるというのはどれだけ物事を都合よく解釈しているのでしょうか?

そもそも他の国の軍事施設に侵入するとどうなるのか?
目取氏とその支援者の方々にはぜひとも中国軍基地で同じことを行い、どうなるかをレポートしてほしいものですね。(もしかしたら2度と基地から出ることはできないかもしれないですが)




神戸新聞より

米軍身柄拘束は違法と提訴 辺野古抗議の芥川賞作家

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に抗議中、米軍に一時拘束された沖縄県在住の芥川賞作家目取真俊さん(55)は12日、拘束は適正な法手続きを取っておらず違法として、国に慰謝料など約60万円を求め、那覇地裁に提訴した。


 訴状によると、目取真さんは4月1日、辺野古沿岸部にある米軍キャンプ・シュワブ周辺をカヌーで抗議活動中、立ち入り禁止区域に許可なく入ったとして、米軍に約8時間にわたって拘束された。米軍側は拘束の理由を告げず、弁護士との接見も認めなかった、としている。


0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース