スポンサーリンク

2016年5月15日日曜日

舛添都知事の美術資料の内訳は資産価値のある絵画だった! 報道2001が取引先への調査で確定!! グレーで違法ではないもよう

舛添都知事の美術資料の内訳は資産価値のある絵画だった!? 報道2001が取引先への調査で確定!! グレーで違法ではないもよう

今朝のフジテレビ系列の報道2001で舛添都知事の政治資金収支報告書に記載されている「調査研究費(書籍・資料代)」の内訳が資産価値のある絵画購入費用であることが判明しました。

どうやら舛添都知事は "ymasuzoe" のIDでヤフオクを利用しているようです

資料とはとても言えないブロンズ像、絵画、版画等が列挙されています



では報道2001がどのようにこの事実を発見したかを見てみましょう。


「調査研究費(書籍・資料代)」この項目を分析してみると

法人だけでなく個人からも多く購入しました


フジテレビ取材班が政治資金収支報告書に記載されている個人を訪問すると


 「舛添都知事の件でお聞きしたい」と言ったところ、すぐにわかったようで
「ヤフオクの件?」と返答






舛添都知事は ”ymasuzoe”というIDで取引をしたようです


137件の取引があり良い評価がついています





今まで137件の取引があったようです。


舛添都知事の会見を振り返ってみると氏の会見では

海外の方との交流を行う際に美術品をツールとして活用しているという事は
海外の方にプレゼントしているのでしょうか?

まさかどこかに保管しているわけはないですよね。


でも、1つ2つの例ではたまたまかもしれないという事で 
政治資金収支報告書に記載のあった老舗ギャラリーに確認をすると

老舗ギャラリーからもヤフオクを通して購入していました
  
 ほかの取引相手の方も
取引したのは資料ではなく絵で間違いないとの事







舛添都知事が落札した商品が大きかったので商品を配送したそうです。
その住所は事務所(自宅所在地)だった

これでymazuzoeが舛添都知事本人と確定しました



配送が難しい美術品を海外の方にプレゼントしたのでしょうか?



この絵は舛添都知事の国会議員時代の政治団体名
「グローバルネットワーク研究所」宛に《資料代》として
領収書を発行したそうです。

舛添都知事からの強い要望に応じて

通常は絵であれば《美術品》と書くが、
資料代として書いたのは舛添都知事側からの要望であったとの事



フジテレビでは全79件の取引のうち
8件取材し
4件確認がとれ、取引内容は絵画であった事の確認が取れました
4件は取材拒否でしたが、いずれも絵画や版画を扱っている店だったそうです


政治収支報告書とヤフオクでの落札を見比べてみると
ヤフオク落札日の翌日に政治資金収支報告書に記載されていました。
金額もヤフオクの落札金額と一致です。







しかも舛添都知事は美術を見る眼があるようで
値段が下がらず、数年で値段が上昇するような美術品を購入していた事も
証言で判明しています。

まさか費用として計上した物が実は資産になるもので
しかも資産価値が数年後に上昇しているなんて思わないですよね。
違法ではないとしても、法律の隙間をうまく使ったスキームです。



海外の方にプレゼントする美術品でも資産価値があり、価値が上昇するものを購入している舛添都知事、まさかご自身で保管して政治資金で資産形成をしているわけはないですよね。

報道2001


0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース