スポンサーリンク

2016年5月17日火曜日

中国北京で沖縄についての会議開催!北京の研究者会議 沖縄の独立、米軍基地で議論

中国北京で沖縄についての会議開催!北京の研究者会議 沖縄の独立、米軍基地で議論

中国の首都北京で沖縄について議論をする研究者による会議が開催されました。

沖縄、中国双方の研究者らが琉球・沖縄史や中国との交流史を議論する「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」(中国戦略・管理研究会、北京大学歴史学部、北京市中日文化交流史研究会主催)
その中で最終日に議論をしたのがこちらの議題です。
最終日の16日、中国の北京大学で沖縄の自己決定権や米軍基地問題、独立などを巡って意見を交わした。
沖縄の米軍基地(問題?)や独立は中国の研究者には全く関係がないはずですし、
この会議の目的のはずの「琉球・沖縄史や中国との交流史」とは大きくかけ離れていますが、どういうつながりがあるのでしょうか?

そもそも中国で沖縄に関する会議をする意味がわかりません。



沖縄を日本より開放したい中国の方々
http://asiareaction.com/blog-entry-2601.html より

スイス政府の「民間防衛」によれば武力を使わないで他国を侵略するにはこのように行うそうです。

  • 第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」
  • 第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」
  • 第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」
  • 第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」
  • 第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」
  • 最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」

勘違いであればいいのですが、中国は沖縄の知識人やメディアを利用して沖縄の侵略をするめているように感じてしまいます。




ヤフーニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000006-ryu-oki

沖縄を平和の拠点に 北京の研究者会議 自己決定権、米軍基地で議論

琉球新報 5月17日(火)5時1分配信
【北京で新垣毅】沖縄、中国双方の研究者らが琉球・沖縄史や中国との交流史を議論する「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」(中国戦略・管理研究会、北京大学歴史学部、北京市中日文化交流史研究会主催)は最終日の16日、中国の北京大学で沖縄の自己決定権や米軍基地問題、独立などを巡って意見を交わした。その中で、中国の研究者から沖縄の自己決定権行使に理解を示す意見が聞かれた。双方の発表者から、沖縄は東アジアの平和的要、交流の拠点として重要との意見が相次いだ。



 最終日は、比屋根照夫琉球大名誉教授や又吉盛清沖縄大客員教授ら沖縄側7人、中国側12人、日本本土から2人が研究成果などを報告した。
 比屋根氏は近代沖縄の知識人がアジアをどう見ていたかについて報告。「沖縄ほど抑圧の歴史を分かる人々はいない」と述べた。又吉氏は「沖縄戦の被害が大き過ぎて沖縄では戦争の被害の側面ばかり言われているが、加害責任も追及されねばならない。東アジアの人々と共通認識を持つためにも必要だ」と話した。
 八重山郷土史家の大田静男氏は尖閣諸島問題に触れ「小さな島から見えることは、未来に向かって国民国家の壁を取り払い、共同体社会をつくり上げる必要性だ」と主張した。
 松島泰勝龍谷大教授は「先住民族としての琉球人の自己決定権行使」、友知政樹沖縄国際大教授は「全基地撤去後、全補助金撤廃後の琉球・沖縄経済に関する一考察」と題し発表した。
 新垣毅琉球新報東京報道部長は、なぜ沖縄で自己決定権が叫ばれているかを説明。「日中の紛争が起これば沖縄は真っ先に戦場になる。両国、あるいはアジアの懸け橋になる資格があるし、役割を果たせる。そのためにも自己決定権が重要だ」と強調した。吉田伸沖縄タイムス学芸部記者は在沖米軍基地の現状を解説し、日本本土側の無関心を批判した。


0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース