スポンサーリンク

2016年5月29日日曜日

中国の意向にゼロ回答 G7伊勢志摩サミット“重大警告”に中国「徹底反対」を表明、日本を「南シナ海騒ぎ立てた」と名指し批判

中国の意向にゼロ回答 G7伊勢志摩サミット“重大警告”に中国「徹底反対」を表明、日本を「南シナ海騒ぎ立てた」と名指し批判

中国がG7伊勢志摩サミットで中国に敵対するような首脳宣言が出されたことに反発しています

伊勢志摩サミット(主要国首脳会議、G7)で南シナ海で軍事拠点化を進める中国に対し、名指しを避けながらも“重大警告”が明記された首脳宣言を採択したことを受け、中国外務省の華春瑩報道官は同日、定例記者会見で「強い不満と徹底反対」を表明した。
 華報道官は「今回、日本はG7の主催国である立場を利用して南シナ海問題を騒ぎ立て、緊張した雰囲気を作り出した。地域の安定に役立たないことだ」と日本を名指しして批判した。他の参加国に対しても不快感を表明し、「G7に参加する国々は、客観かつ公正な態度を保ち、領土問題で中立的な立場を守り、無責任な言論を発表することをやめてもらいたい」と強調した。
中国はG7伊勢志摩サミットで中国に不利な首脳宣言が出されないように外交工作をしていました、中国の希望が叶うことはありませんでした。


中国の外交関係者によれば、その後、中国当局は、岸田文雄外相の訪中を受け入れたほか、他のG7参加国も説得するなど、サミットで南シナ海の話題に触れないようさまざまな外交工作を展開したが、奏功しなかった。
中国が日本に嘘をつけ、中国に奉仕しろと4つの時代遅れの朝貢外交要求…「中国脅威論」や「中国経済衰退論」の事実をこれ以上まき散らさないように、、、など-日中外相会談

中国が日本の岸田外務大臣にG7伊勢志摩サミット前に要求していたことがこちら
○台湾は中国だと認めろ
○「中国脅威論」「中国経済衰退論」を報道させるな
○中国が日本に経済依存していると言うな
○南シナ海問題を見ないふりして中国の味方になれ
日本やG7各国は全て拒否した形となります。
中国はメンツを潰されたとでも思っていそうですね。

今回のG7伊勢志摩サミットは中国にとってとても都合が悪いものになったようですね。

今回のサミットが国際法を無視して侵略を続ける中国を止めるきっかけになるようにしてほしいですね。



産経ニュースより

G7の“重大警告”に中国「徹底反対」を表明、日本を「南シナ海騒ぎ立てた」と名指し批判

【北京=矢板明夫】伊勢志摩サミット(主要国首脳会議、G7)で南シナ海で軍事拠点化を進める中国に対し、名指しを避けながらも“重大警告”が明記された首脳宣言を採択したことを受け、中国外務省の華春瑩報道官は同日、定例記者会見で「強い不満と徹底反対」を表明した。


 華報道官は「今回、日本はG7の主催国である立場を利用して南シナ海問題を騒ぎ立て、緊張した雰囲気を作り出した。地域の安定に役立たないことだ」と日本を名指しして批判した。
 他の参加国に対しても不快感を表明し、「G7に参加する国々は、客観かつ公正な態度を保ち、領土問題で中立的な立場を守り、無責任な言論を発表することをやめてもらいたい」と強調した。
 その上で、「今日の複雑な経済情勢の中で、G7は世界経済の発展などについて話しあうべきだった」とも語り、いらだちを隠せない様子だった。
 今年4月に広島で開催されたG7外相会合では、南シナ海情勢を懸念する「広島宣言」が発表された。中国当局はそのときも強い不満を表明していた。
 中国の外交関係者によれば、その後、中国当局は、岸田文雄外相の訪中を受け入れたほか、他のG7参加国も説得するなど、サミットで南シナ海の話題に触れないようさまざまな外交工作を展開したが、奏功しなかった。
 中国は一方で、9月に浙江省杭州で予定されている20カ国・地域(G20)首脳会議の方がG7より重要な会議であることを内外にアピールしている。王毅外相は26日、「G20まで100日」に迫ったとして記者会見し、「G20は先進国と途上国が対等な立場で同じテーブルを囲み、平等に協議して決める場であり、時代の発展の潮流に合致している」と強調した。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース