スポンサーリンク

2016年5月27日金曜日

アメリカ・オバマ大統領広島訪問 歴史的な一日を画像で紹介 岩国基地から広島平和公園まで 

核なき世界の実現を! アメリカ・オバマ大統領広島訪問 歴史的な一日を 岩国基地から広島平和公園まで画像で紹介

アメリカのオバマ大統領が太平洋戦争で原爆が投下された広島へアメリカの現役大統領として初めて訪れました。歴史的な日となったこの訪問を画像で振り返ります。

オバマ大統領は27日夕方、現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問し、核兵器のない世界への決意を表明しました。オバマ大統領はすべての日程を終え、山口県のアメリカ軍岩国基地に向かい、帰国の途につきました。
25日に来日したオバマ大統領は27日、伊勢志摩サミットを終えたあと、現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪れました。
オバマ大統領は、平和公園で安倍総理大臣や岸田外務大臣の出迎えを受け、はじめに被爆者の遺品や写真などが展示されている原爆資料館を訪れました。
そして、広島と長崎の両市長や被爆者たちが見守るなか、原爆慰霊碑に献花し、所感を述べました。

オーバーランするかと…エアフォースワン@岩国基地


オバマ大統の専用機 エアフォースワンが岩国基地へ到着しました

岩国基地では米軍兵士、自衛隊員、岩国市長達を対象にこの地域の安定、平和の為に力をつくしている兵士・自衛隊員への演説が行われました

大統領専用ヘリ マリーンワン2機と 随伴のオスプレイ3機の編隊が
岩国基地から広島へ出発します

Marine One and MV-22 Ospreys taking off from MCAS Iwakuni








【平和記念公園訪問】オバマ大統領 オスプレイを

引き連れて広島到着



広島のヘリポート到着


大統領専用ヘリ マリーンワンの横に 大統領専用車 キャデラックワン2台が横付けされ、どちらに乗るかわからないように大統領が乗り込みます

広島中心部の平和公園へ隊列を組んで出発です






大統領の車列は途中まで高速道路を逆走する特別措置を使い、最短時間で移動をします








とても厳重な車列です

大統領専用車の前の車両はIEDなどの対策のためか、アンテナが複数設置してあります






広島平和公園の敷地に入りました

 原爆資料館の前で車列が止まり、オバマ大統領が出てきました
オバマ大統領と安倍首相は原爆資料館へ向かいます

オバマ大統領が記帳した芳名録
芳名録の写真は産経新聞より



オバマ大統領の記帳内容
「私たちは戦争の激しい苦しみを体験してきた。ともに平和を広め、『核兵器なき世界』を追求する勇気を持ちたい」

http://news.goo.ne.jp/picture/nation/20160527-567-OYT1T50179.html より
オバマ大統領は自分で折った4羽の折り鶴を持って広島を訪れました。
2羽を原爆資料館にいた子供へ残りの2羽を原爆資料館へ寄贈しました。


原爆資料館から出てきた後は徒歩で平和記念碑に向かいます








まず、オバマ大統領が献花を行います


献花の後、オバマ大統領は黙祷を行いました

次に安倍首相が’献花を行います


オバマ大統領のスピーチです 

《動画》アメリカ・オバマ大統領広島訪問時のスピーチ肉声 核のない世界を! 




オバマ大統領はこのスピーチで核なき世界への決心を表明しました

安倍首相のスピーチです
オバマ大統領が、米国のリーダーとして、初めて、この被爆地・広島を訪問してくれました。
米国の大統領が、被爆の実相に触れ「核兵器のない世界」

への決意を新たにする。「核なき世界」を信じてやまない世界中の人々に、大きな「希望」を与えてくれました。
世界中のどこであろうとも、再び、このような悲惨な経験
を繰り返させてはならない。この痛切な「思い」を、しっかりと受け継いでいくことが、今を生きる私たちの責任であります。
必ずや、その責任を果たしていく。日本と米国が、力を合
わせて、世界の人々に「希望を生み出す灯」となる。この地に立ち、オバマ大統領と共に、改めて、固く決意しています。
大統領と首相のスピーチが終了した後、二人は原爆被爆者のもとに歩き出します

被爆者団体「日本原水爆被害者団体協議会」代表委員坪井直氏と
握手をしたまま会話が行われました

坪井さんは「オバマ大統領と会話することは現場で直前に知らされ、驚いた。私がはじめに『原爆投下は人類にとって不幸な出来事だった』と伝えると、オバマ大統領は私の手を力強く握ってくれた」と述べました。そして、「オバマ大統領との会話に、ことばはほとんど必要なかった。通訳を介さなくても表情を見れば心が通じたし、私の話を聞いている間、私の手を握る力がどんどん強くなっていくのを感じた。彼は人の心を思いやることができる人物だと思う」と話しました。
さらに、坪井さんは「今回の訪問を今後につなげることが大切だと思う。オバマ大統領には『核兵器の削減ではなく、ゼロにするという目標に向かってともに頑張りましょう』と伝えた」と話しました。  NHKニュースより


 


そしてオバマ大統領がハグを行います
森重昭さんは自身も被爆者でありながら原爆でなくなった元米兵捕虜の
研究や追悼を続けてきたそうです。
大統領とどんな会話をしたかは「舞い上がって憶えていない」そうですが、
二人の表情が全てを物語っています

 その後大統領と首相は再び歩き出します


向かったのは原爆ドームでした。
広島出身の岸田外相がオバマ大統領に原爆ドームを説明します

原爆を投下したアメリカの大統領が広島に訪れた歴史的な1日になりました。







オバマ大統領はその後、車で広島ヘリポートに向かい、ヘリで岩国基地へ
岩国基地からエアフォースワンでアメリカへの帰路につきました

広島訪問後にエアフォースワンで
帰国するオバマ大統領・岩国基地 5/27






関連動画

オバマ米大統領、広島訪問 被爆者とハグ


Obama hugs Hiroshima survivor




オバマ米大統領、広島訪問 原爆慰霊碑に献花


Obama pays tribute at Hiroshima nuclear memorial





NHKニュースより

オバマ大統領が所感 核なき世界への決意を表明

オバマ大統領は27日夕方、現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問し、核兵器のない世界への決意を表明しました。オバマ大統領はすべての日程を終え、山口県のアメリカ軍岩国基地に向かい、帰国の途につきました。
25日に来日したオバマ大統領は27日、伊勢志摩サミットを終えたあと、現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪れました。
オバマ大統領は、平和公園で安倍総理大臣や岸田外務大臣の出迎えを受け、はじめに被爆者の遺品や写真などが展示されている原爆資料館を訪れました。
そして、広島と長崎の両市長や被爆者たちが見守るなか、原爆慰霊碑に献花し、所感を述べました。

この中でオバマ大統領は「われわれは、広島に来て、決して遠くはない過去に、恐るべき爆発があったことを思い起こし、10万人を超える日本の男性、女性、そして子ども達、数千人の朝鮮半島出身者、数十人のアメリカ人などの犠牲者の死を悼む。1945年8月6日の記憶を風化させてはならない」と述べました。
そして、「空に上がったキノコ雲のイメージの中に、私たちは人類の矛盾を感じる」としたうえで、「広島、長崎で、第2次世界大戦は極めて残忍な形で終わった。広島、そして長崎を、人類の道義的な目覚めとすべきだ」と述べて、原爆の惨禍を繰り返してはならないという考えを示しました。
また、「われわれは命を奪われた、罪のない人々がいたことを忘れてはならない。その苦しみはことばで表現できないほどだ。そして、歴史をきちんと直視する責任を共有しなければならない」と述べました。
そしてオバマ大統領は「広島で亡くなった人たちは私たちと同じ普通の市民だ。彼らはもう戦争は望まない」と述べて、原爆で犠牲になった人たちの多くが一般市民であったことを強調しました。
さらに、「科学で人間の命を奪うのではなく、人生をよりよくするために利用するべきだ。国家や、指導者達によってそうした選択がなされた場合、広島の教訓が生かされたことになる」と述べて、核兵器のない世界を目指すべきだと訴えました。

このあと、オバマ大統領は日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会の代表委員の坪井直さんなど、立ち会っていた被爆者の人たちに歩み寄り、握手を交わしながら話をしました。
最後にオバマ大統領は、安倍総理大臣と岸田外務大臣とともに原爆ドームを視察し、説明を受け、車に乗り込んで平和公園をあとにしました。
オバマ大統領は午後6時40分ごろ、ヘリコプターで広島を出発し、山口県のアメリカ軍岩国基地を経て帰国の途につきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース