スポンサーリンク

2016年5月10日火曜日

台湾馬総統沖ノ鳥島問題で日本政府と協議希望 岸田氏「極めて遺憾」 台湾巡視船などの派遣について、協議には否定的

台湾馬総統沖ノ鳥島問題で日本政府と協議希望 岸田氏「極めて遺憾」 台湾巡視船などの派遣について、協議には否定的

台湾の馬総統は
沖ノ鳥島問題で日本との協議を望んでいるそうです。

日本側としては5月20日に退任する馬総統と会談をする意味はないので
5月20日まで我慢をしてそれ以降に新総統の蔡英文と問題を解決するべきですね。

岸田外相「(日本側からの)累次の申し入れにもかかわらず、当局の船舶を入域させたことは極めて遺憾だ。台湾側にはただちに出域させるよう申し入れている」と述べた。馬政権側が日本との協議の意向を示していることに関し、岸田氏は否定的な考えを示した。
習近平中国国家主席と緊密な台湾馬現総統
http://www.asahi.com/articles/ASHC73H8RHC7UHBI00N.html より


産経ニュースより
http://www.sankei.com/world/news/160510/wor1605100018-n1.html

岸田氏「極めて遺憾」 台湾巡視船などの派遣について、協議には否定的



岸田文雄外相は10日午前の閣議後会見で、台湾の馬英九政権が沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)を認めず、漁船保護を名目に巡視船など3隻を派遣している問題について「(日本側からの)累次の申し入れにもかかわらず、当局の船舶を入域させたことは極めて遺憾だ。台湾側にはただちに出域させるよう申し入れている」と述べた。
 馬政権側が日本との協議の意向を示していることに関し、岸田氏は否定的な考えを示した。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース