スポンサーリンク

2016年5月12日木曜日

日産ゴーン社長三菱自動車への出資について記者会見「資本提携は双方にメリット大きい」

日産ゴーン社長三菱自動車への出資について記者会見「資本提携は双方にメリット大きい」

日産自動車のゴーン社長は記者会見を行い、三菱自動車への出資について説明をしました。
今回の提携のねらいについて「双方にとってメリットのあるウィンウィンの関係であり、相乗効果を生かして成長につなげられるものだ。三菱自動車は東南アジアでの事業やSUV=多目的スポーツ車などの分野ですばらしい仕事をしており、日産にとってもメリットが期待できる。きょう新たな旅が始まる」と述べました。また、今回の提携に至った経緯について「提携は軽自動車以外の分野で非公式に検討していたもので、その延長線上にあった。そこに突如、緊急性が高い問題に対処する必要が生じ、提携によってお互いにどのようなメリットがあるのかを検討したうえで短期間で結論を出した」と述べました。

提携は三菱自動車の燃費偽装によって三菱自動車の企業価値が著しく低下したため、
相対的に日産自動車の影響力が大きくなるという図式という説明です。

管理人は日産は三菱自動車の軽自動車製造工場 水島製作所(岡山県倉敷市)
を買収するのではと想像していました。
ゴーン社長の今回の決断は管理人の想像を大きく超えるものでした。

三菱商事の東南アジア販売力


三菱自動車は三菱商事の力で東南アジアでの販売力があり、
日本車ではトヨタの次に売れています。
これはJetroの資料で調べるとわかります。

けど、問題も起こしているんですよね。でも日本では事故はあまり報道されていない。

日本では報道されていない三菱自動車問題 Montero Sport  東南アジアで暴走事故100件以上発生多発 まだリコールはなし


日本でこういった事故が報道されていないのは三菱商事の力なんでしょうね。

三菱商事としても東南アジアの販売力で日産の車を売る事ができたら、
業績を工場させるのは容易だという判断があったのではないでしょうか?

日産だったら事故を公表してくれそうですしね。




NHKニュースより
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は記者会見で、今回の資本提携は、日産と三菱自動車の双方にとってメリットが大きいという考えを強調しました。


この中でゴーン社長は、今回の提携のねらいについて「双方にとってメリットのあるウィンウィンの関係であり、相乗効果を生かして成長につなげられるものだ。三菱自動車は東南アジアでの事業やSUV=多目的スポーツ車などの分野ですばらしい仕事をしており、日産にとってもメリットが期待できる。きょう新たな旅が始まる」と述べました。
また、三菱自動車について「潜在力があり日産の支援により、より成長できるだろう。三菱ブランドを守り育てるつもりだ」と述べました。
一方で三菱自動車の燃費の不正などの問題に対しては「三菱自動車は自社の商品や戦略についてすべての責任を負っており、われわれは株主として支援するだけだ。2社の経営の線引きは明確で三菱自動車の経営陣に説明責任がある」と述べました。
また、今回の提携に至った経緯について「提携は軽自動車以外の分野で非公式に検討していたもので、その延長線上にあった。そこに突如、緊急性が高い問題に対処する必要が生じ、提携によってお互いにどのようなメリットがあるのかを検討したうえで短期間で結論を出した」と述べました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース