スポンサーリンク

2016年5月23日月曜日

中国・韓国の観光客がタイの小島でサンゴと魚を密漁!想像を絶する民度の低さに地元民もお手上げ?

中国・韓国の観光客がタイの小島でサンゴと魚を密漁!想像を絶する民度の低さに地元民もお手上げ?

タイのビーチリゾート・プーケットの沖合の島で
中国と韓国の観光客がサンゴを採取して環境破壊をしている事があきらかになりました。
さらに餌を撒き、網で魚を捕まえているそうです。

記事によると、現地の海洋資源・沿海管理局の職員がカイノック島にあるサンゴの白化状況の調査に赴いたところ、遊覧船がサンゴ生息海域にイカリを下ろして停泊しているところを発見。調べてみると、近くで中国人や韓国人の観光客たちが勝手にサンゴの採取をしているのを発見したのだという。さらには、海にエサをまき、網で魚を捕まえていたという。

観光で来ているはずが、環境破壊と密漁をするとはとんでもない国民性ですね。
中国・韓国以外の人が観光地でサンゴを採取なんて聞いた事がありません。
民度という言葉について考えてしまいます。

タイ政府はこのほど、南部プーケット島の沖に浮かぶ離島、シミラン諸島最北端にあるタチャイ島への外国人の立ち入りを禁止すると発表した。環境破壊が著しいため。
タイ政府は対策として中国・韓国の観光客の被害にあった島を立ち入り禁止にしました

中韓の観光客がサンゴと魚を密漁したタチャイ島
http://www.phukettravel-spa.com/tour.php?id=7 より




livedoor NEWS
http://news.livedoor.com/article/detail/11554211/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

タイの小島で勝手にサンゴを採取! 二極化する中韓観光客の“マナー”に、地元民もお手上げ?

日本人にも人気の高いタイのビーチリゾート・プーケットの沖に浮かぶ小島・カイノック島で、中国人と韓国人の観光客たちがサンゴを勝手に採取して環境を破壊していると、5月17日付の香港紙「東方日報」が伝えた。


 記事によると、現地の海洋資源・沿海管理局の職員がカイノック島にあるサンゴの白化状況の調査に赴いたところ、遊覧船がサンゴ生息海域にイカリを下ろして停泊しているところを発見。調べてみると、近くで中国人や韓国人の観光客たちが勝手にサンゴの採取をしているのを発見したのだという。さらには、海にエサをまき、網で魚を捕まえていたという。
 サンゴ採取の禁止は世界の常識だろう。現地の法律でも、環境破壊を防ぐために、サンゴ生息海域で船がイカリを下ろすことや観光客が魚にエサを与えることを禁止しており、管理局の職員は船の乗組員に処罰を下す手続きを取るとともに、観光客にも厳重な注意を与えたという。
 タイの海域には多くの小島があり、管理局職員の人手も足りないため、監視が行き届かず、このような不届き者を取り締まることは困難だという。同10日付のタイの英字紙「ネイション」では、日本人観光客にも人気の高いピピ諸島の国立公園内で、サンゴを勝手に採取する中国人観光客が後を絶たず、「サンゴ採取禁止」の看板をタイ語と英語、そして中国語で掲示。すでに数人の中国人観光客が、罰金500バーツ(約1,500円)を科されているという。
「中韓双方の観光客は、先進国並みのマナーと礼儀をわきまえる層と、マナーの悪い粗暴な層の二極化が進んでいる。両国とも前者は主に都市部在住者や若年層で、後者は地方都市や田舎在住で海外旅行経験の少ない人たちです。マナーの悪い“田舎者”の中国人観光客が多いことは有名ですが、韓国人にも中国人に負けず劣らずマナーの悪い人たちは意外といます」(日本でインバウンドツアー会社を経営する男性)
 最近の中国と韓国の関係は、以前の蜜月時代に比べると微妙になっているが、外国の船の上では、“中韓同舟”とでもいったらいいのか、仲良くやっているようである。
(文=佐久間賢三)


レコードチャイナより

タイの人気リゾート地タチャイ島、外国人観光客の増加で環境破壊激しく閉鎖へ―中国紙

2016年5月18日、環球時報(電子版)によると、タイ政府はこのほど、南部プーケット島の沖に浮かぶ離島、シミラン諸島最北端にあるタチャイ島への外国人の立ち入りを禁止すると発表した。環境破壊が著しいため。



タイ英字紙バンコク・ポストによると、タイ国立公園局の責任者は「タチャイ島は美しい景観から外国人観光客に人気があるが、環境破壊が著しい。われわれは島を閉鎖し、陸上と海上の自然資源の回復を図らなければならない」と述べた。

タイ農業大学の関係者は「タチャイ島のビーチは70人ほどしか収容できないが、多い時には1000人以上が訪れている。島には遊覧船や店舗が増え、環境が急速に破壊されている」と話している。(翻訳・編集/大宮)

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース