スポンサーリンク

2016年5月24日火曜日

台湾蔡新総統、馬英九前政権の「沖ノ鳥島は岩」の主張を撤回 7月にも日本と「海洋協力対話」の開催が決定

台湾ニュースまとめ より

台湾蔡新総統、馬英九前政権の「沖ノ鳥島は岩」の主張を撤回 7月にも日本と「海洋協力対話」

台湾の蔡英文新総統は日本の沖ノ鳥島についての主張を取り消しました。
台湾の行政院(内閣に相当)の童振源報道官は23日、沖ノ鳥島について、国連大陸棚限界委員会の決定を尊重し、決定前には「法律上、特定の立場を取らない」と述べ、「岩」だとした馬英九前政権の主張を事実上、撤回した。
蔡台湾総統

これは馬政権が退任間際になって領土問題化しようとしたものです。

台湾の巡視船が日本のEEZ排他的経済水域へ侵入 沖ノ鳥島の200カイリ内 日本側は「失望」表明 5月20日までの馬総統のチキンレース
沖ノ鳥島問題新総統就任後解決へ 台湾:漁船拿捕、早期収束で一致 民進党の蔡英文次期総統と自民議連会談
日本の政府自民党と台湾の蔡新総統は事前に問題の解決を合意していましたので予定通りですね。
また同時に7月に台湾と日本で沖ノ鳥島周辺の業業問題について協議する事が決定しています。



馬政権が作った沖ノ鳥島問題


産経ニュースより

台湾・新政権、馬英九前政権の「沖ノ鳥島は岩」の主張を撤回 7月にも「海洋協力対話」



【台北=田中靖人】台湾の行政院(内閣に相当)の童振源報道官は23日、沖ノ鳥島について、国連大陸棚限界委員会の決定を尊重し、決定前には「法律上、特定の立場を取らない」と述べ、「岩」だとした馬英九前政権の主張を事実上、撤回した。
 また、日台双方の窓口機関が「海洋協力対話」の枠組みを立ち上げることで一致したとも発表。沖ノ鳥島周辺の漁業問題を議論するとみられる。
 7月末にも第1回の会合を開くことで基本合意したが、参加メンバーなどの詳細は未定。議題はほかに、環境保護や科学研究、捜索救難など「双方が合意した項目」になるとしている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース