スポンサーリンク

2016年5月20日金曜日

舛添都知事政治資金で湯河原別荘用車購入! 車は別荘で大切に政治活動に使っている

舛添都知事政治資金で湯河原別荘用車購入! 車は別荘で大切に政治活動に使っている

SankeiBizの取材により、舛添都知事が政治資金で車を2台購入していた事が判明しました。

1台は東京で使用しているそうですが、もう一台は湯河原の別荘で使用中
政治資金収支報告書や関係者によると、舛添氏が代表を務めていた「新党改革比例区第4支部」(解散、東京都世田谷区)は24年4月24日、湯河原町内の自動車整備会社で、トヨタ自動車のミニバン「エスティマ」の中古車を98万5千円で購入。ほかに車両登録諸経費として計約19万円を支出していた。
舛添都知事、庶民は別荘を持っていないし、別荘専用車なんて購入できないですよ。
舛添都知事は自分で別荘も別荘専用車を購入できるお金をもっているはずなのに、あえて政治資金で別荘専用車を購入する節約上手と言う事ですか?
庶民の気持ちを考えた事がありますか?


湯河原でのどのような政治活動に車が必要なのでしょうか?
たしか、都知事は湯河原で資料の整理をしていると説明していましが、資料の説明には車は必要ですか?

そもそも新党改革の政治資金で購入した車が、新党改革解散後も手許に残っているとはどういう事でしょうか?これも本来国庫へ返却しなくてはならないのでは?



あきれるしかないこの疑惑、みなさんはどう思いますか?


SankeiBizより

舛添知事、4年前に政治資金で車2台購入 1台は湘南ナンバー取得、別荘で使用か

東京都の舛添要一知事の政治資金をめぐる私的流用疑惑で、舛添氏が代表を務めていた政治団体が平成24年の1カ月間に2台の乗用車を購入し、うち1台は別荘のある神奈川県湯河原町周辺で使用するためだった可能性があることが19日、関係者の話で分かった。1台は現地の湘南ナンバーを取得。車庫証明も舛添氏の別荘で登録していたといい、専門家は「政治資金で購入した車を、湯河原でどのような政治活動に使っていたのか」と疑問視している。


 政治資金収支報告書や関係者によると、舛添氏が代表を務めていた「新党改革比例区第4支部」(解散、東京都世田谷区)は24年4月24日、湯河原町内の自動車整備会社で、トヨタ自動車のミニバン「エスティマ」の中古車を98万5千円で購入。ほかに車両登録諸経費として計約19万円を支出していた。
 約1カ月後の5月15日には、解散した舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(同所)が宣伝自動車として同型のエスティマを99万円で購入。登録費用や諸経費として31万円を計上していた。
舛添氏側は、1台目を湘南ナンバー、2台目を自宅兼事務所のある東京の品川ナンバーで登録するよう依頼したといい、関係者の男性は産経新聞の取材に対し、「湘南ナンバーで登録した車は別荘のある湯河原で使うつもりで買ったのだと思った」と証言。別荘近くの複数の住人が、舛添氏と家族がエスティマに乗っている姿を目撃、「前はご家族とエスティマで来ていた」などと語った。
 政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授は「政治資金で買った車を湯河原で使う必要性は考えられず、私物化しているといわれても仕方がない」と指摘した。
 舛添氏は一連の私的流用疑惑について、20日の定例会見で改めて説明する意向を示している。

1 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除

東南アジアのニュース