スポンサーリンク

2016年5月12日木曜日

三菱自動車不正実態は想定よりもひどい! 再測定で燃費15%悪化 4車種は排ガス性能低下も

三菱自動車不正実態は想定よりもひどい! 再測定で燃費15%悪化 4車種は排ガス性能低下も

日産傘下入りが決まった三菱自動車

三菱自動車の燃費偽装問題ですが、三菱自動車の当初発表の発表にあった最大10%の偽装が法令に基づいて再計測した結果、カタログ燃費最大15%も低下していることが判明した。
三菱自は当初、平成25年6月以降に生産した4車種について、改竄したデータに基づく燃費と実際の燃費の差は5~10%にとどまり、排ガス量についても「基準を満たしている」としていた。しかし、法令に基づいた方法で再測定した結果、国側に届け出より5~15%悪くなり、排ガスの性能も低下することが分かった。

販売済みの車も道路の走行ができなくなる形式指定の取り消しも想定されるケースですが、実態のあまりのひどさと影響の大きさのために、国土交通省が特例を考えている状態です。
道路運送車両法は、安全基準に適合しなかったり性能を維持しながら生産することができない場合、型式指定を取り消すことができると規定。燃費は安全基準の対象ではないが、排ガス量は対象になっており「再試験の結果次第で型式指定の取り消しもありうる」(国土交通省幹部)という。
 指定が取り消された車種は販売できず、道路での走行もできなくなる。このため三菱自は、再測定した正しい数値で再試験を受ける意向を示している。
 一方、同法は指定取り消しの効力を制限できるとも定めており、国交省内では、乖離の程度によってはすでに販売された車両について取り消しの対象にしないとする考え方もある。
それなのに検査をした車種についての情報をいまだに秘匿している三菱自動車
具体的な数値や車種名について、三菱自は「内部の数値なので公表を控えたい」と明らかにしなかった。

日産による吸収が決定しましたが、
内部を大規模に変えないと再生は難しいのは間違いありません。

日産が三菱自動車へ2000億円を超える巨額出資 事実上傘下に


ヤフーニュースより
三菱自不正 再測定で燃費15%悪化 4車種は排ガス性能低下も
三菱自動車の燃費データ不正問題で、同社は11日、不正が見つかった軽自動車4車種の中に実際の燃費が15%悪くなるデータがあったことを明らかにした。排ガス量に影響する可能性があり、法令で定める安全基準に違反すれば、国の「型式指定」が原則的に取り消される。国内での販売ができなくなるほか、すでに販売された車両も道路を走れなくなる恐れもある。




 三菱自は当初、平成25年6月以降に生産した4車種について、改竄したデータに基づく燃費と実際の燃費の差は5~10%にとどまり、排ガス量についても「基準を満たしている」としていた。しかし、法令に基づいた方法で再測定した結果、国側に届け出た燃費より5~15%悪くなり、排ガスの性能も低下することが分かった。

 具体的な数値や車種名について、三菱自は「内部の数値なので公表を控えたい」と明らかにしなかった。

 道路運送車両法は、安全基準に適合しなかったり性能を維持しながら生産することができない場合、型式指定を取り消すことができると規定。燃費は安全基準の対象ではないが、排ガス量は対象になっており「再試験の結果次第で型式指定の取り消しもありうる」(国土交通省幹部)という。

 指定が取り消された車種は販売できず、道路での走行もできなくなる。このため三菱自は、再測定した正しい数値で再試験を受ける意向を示している。

 一方、同法は指定取り消しの効力を制限できるとも定めており、国交省内では、乖離の程度によってはすでに販売された車両について取り消しの対象にしないとする考え方もある。

 国交省は5月2日から必要なデータを独自に測定し始めており、燃費や排ガス量の再試験を行う。この結果を踏まえ、型式指定の取り消しの是非を判断する方針だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース