スポンサーリンク

2016年5月1日日曜日

《動画》忘れてはいけない3.11 東日本大震災 仙台空港での自衛隊と米軍の救援活動 (第320特殊戦術中隊)

忘れてはいけない3.11 東日本大震災 仙台空港での自衛隊と米軍の救援活動 (第320特殊戦術中隊)


東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災で、アメリカ軍と自衛隊による仙台空港復旧
救援物資の輸送拠点となった仙台空港­で活動する自衛隊員とアメリカ軍兵士管制塔が使用不能のためターミナルビル屋上で、嘉手納基地所属の第320特殊戦術中隊­が航空管制を行っている .


被災地救援にやってきたアメリカ軍の大型輸送機
アメリカ空軍第15空輸航空団/第154航空団(ハワイ州ヒッカム基地)のボーイング­C-17Aグローブマスター3が、東日本大震災の被災地への救援物資を積んで横田基地­から仙台空港に飛来し、物資を下ろしたあと離陸するところです。
(平成23年3月27日、宮城県名取市で撮影)


被災地救援にやってきた在日米軍輸送機

Youtubeに寄せられたコメント
今更ですが支援ありがとうございました。真っ暗な闇の中、電車の音も飛行機の音も車の音も生活音さえも無くもしかして自分はここに1人なんじゃないかと不安になるほどの暗闇と静寂の中ゴウンゴウンという明らかに重い機体の飛行機の音を聞きました。「あぁきっと物資を運んで来てくれたんだ、空港使えるようになったんだな」と思うと涙が出ました。直接的に救援は受けてませんが、こうやって救いに来てくれてる人達がいるんだと実感し、とても心強く思い不安が消えたのを今でも鮮明に覚えています。訓練の音がうるさいと思われる方々もおいででしょうが、あの時のこの機体の音は私に頑張る強さをくれました。感謝しても足りないほどです。本当にありがとうございました。動画を撮ってくださった人にも感謝致します。






仙台空港滑走路に津波が到達





0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース