スポンサーリンク

2016年4月17日日曜日

天皇皇后両陛下が予定していた演奏会鑑賞取りやめ、震災の推移を見守るため

天皇皇后両陛下が4月17日に予定していた演奏会の鑑賞を取りやめられたそうです。
熊本地震の被害を考慮し、東京・赤坂のサントリーホールで仙台フィルハーモニー管弦楽団の東京特別演奏会を鑑賞する予定を取りやめられた。
天皇皇后両陛下は
両陛下は演奏会に出席しないことを心苦しく思いつつ
と仙台フィルハーモニー管弦楽団にも配慮をされました。


今しばらく地震災害の推移を見守るため、17日は終日皇居・御所にとどまるという。 
日本国民の事を常に見守ってくれていて、国民を勇気付けてくれている
天皇皇后両陛下は東北地方太平洋沖地震の際にも国民を勇気付けてくれました。

天皇皇后両陛下にとっては国民の痛みはご自身の痛みなのでしょうね。


東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば
天皇陛下 宮内庁HPより


ヤフーニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00000032-jij-soci

両陛下、演奏会鑑賞取りやめ


天皇、皇后両陛下は17日、熊本地震の被害を考慮し、東京・赤坂のサントリーホールで仙台フィルハーモニー管弦楽団の東京特別演奏会を鑑賞する予定を取りやめられた。



 東日本大震災の支援に感謝する趣旨で催され、両陛下が仙台フィルの演奏を鑑賞するのは初めてだった。

 宮内庁によると、両陛下は演奏会に出席しないことを心苦しく思いつつ、今しばらく地震災害の推移を見守るため、17日は終日皇居・御所にとどまるという。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース