スポンサーリンク

2016年4月16日土曜日

熊本地震 熊本空港ターミナルビルの天井崩落 ターミナル閉鎖 16日は全便欠航 ヤフーニュースより

熊本地震で熊本空港のターミナルビルが被害を受け、熊本空港は16全便が欠航しました。
復旧には数日要する見込みとの事です。

これで高速・新幹線・飛行機と熊本へのアクセスが不通となり
被災者への支援にも大きく影響がでそうです。
Twitter @Hiroshi_Tagu さんより

熊本空港、ターミナル閉鎖 16日は全便欠航

4月16日早朝、熊本空港のターミナルが閉鎖された。午前1時25分ごろに熊本県熊本地方を震源とする震度6強の地震が発生し、ターミナルビルの天井が崩落するなどの被害が出たためで、16日の熊本空港発着便は全便欠航が決まった。


 午前1時25分ごろ発生した地震は震源の深さが約10キロ、地震の規模はマグニチュード7.3。14日午後9時26分に震度7を記録した地震のマグニチュード6.4を大きく上回った。

 日本航空(JAL/JL、9201)では、16日は熊本空港を発着する全24便が欠航。約2430人に影響が出た。JALは羽田と伊丹から熊本へ運航している。

 全日本空輸(ANA/NH)は全32便が欠航し、約3500人に影響が出た。羽田と伊丹、中部、那覇から熊本へ運航している。

 ソラシドエア(旧スカイネットアジア航空、SNJ/6J)も、羽田線全10便が欠航する。

 成田線を運航するジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は全2便、県営名古屋(小牧)線を運航するフジドリームエアラインズ(FDA/JH)は全6便が欠航。天草線を運航する天草エアライン(AHX/MZ)も全2便が欠航が決まった。

 JALによると、熊本空港はターミナルに被害が出たものの、滑走路は大きな被害を受けていない模様だという。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース