スポンサーリンク

2016年3月26日土曜日

平常運転 ソウルで開催予定の「ソウル酒フェス」ソウル市民団体がいやがらせで中止要請

韓国で日本への民間レベルの嫌がらせ
26日からソウルで開催する「2016ソウル酒フェスティバル」について
25日(開催の前日)に市民団体が放射能汚染された酒ををPRするイベント開催はてきせつではない
としてイベントの中止を求めたそうです。

2016ソウル酒フェスティバル


2016ソウル酒フェスティバル
http://www.konest.com/contents/spot_event_detail.html?id=9942


ソウルでの日本の食品関連イベントでは市民団体が抗議をするのが恒例になったようですね。




そのためにイベントが中止なった事例も発生しています。

こういうイベントの出店業者は無料ではなく、
◯出展協賛金
◯商品代金・輸送代
◯社員・コンパニオン人件費・旅費
を負担して参加しているわけですが、

開催前日に市民団体の抗議でイベント中止要請って
あえて、参加社の被害拡大を狙っているとしか思えませんね。

舛添都知事が都有地を韓国学校に提供をすればソウルの市民団体が感謝をしてこういった抗議がなくなる・・・・・わけないな、きっと恩は忘れるでしょうね



ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000326-chosun-kr



(朝鮮日報日本語版) 日本酒試飲できる「ソウル酒フェス」、環境団体が中止要請

朝鮮日報日本語版 3月26日(土)8時9分配信

 25日、市民放射能監視センターや環境運動連合など11の市民団体がソウルの日本文化院前で記者会見を行い、「2016ソウル酒フェスティバル」の開催を取りやめるよう求めた。今回のイベントに、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染が起こった地域にある日本酒メーカーが参加するというのが理由だ。韓国で初めて開催される今回の「酒フェスティバル」は、26-27日にCOEX(ソウル市江南区三成洞)で行われ、日本の100の酒蔵が参加して、約400種類の日本酒の試飲を行うものだ。

 市民団体側は「フェスティバルに参加する七つの酒蔵が、福島原発事故後に韓国政府が放射能汚染地域として定めた地域で酒を生産している。汚染地域の米や水で作られた酒をPRするイベントは、市民の安全を考慮すれば適切ではない」と主張した。今回のフェスティバルには、宮城県の三つの酒蔵をはじめ、岩手県、茨城県、群馬県、栃木県の各一つの酒蔵は参加するが、これらの地域は全て、韓国政府が放射能汚染を懸念し、2013年9月から水産物の輸入を禁止している。

 これに対し、今回のイベントを主催する在韓日本大使館は「参加する酒蔵を選定した際、原発事故の被災地域かどうかを考慮しなかったことは事実だが、フェスティバルで提供する全ての酒は、日本と韓国で放射性物質の検査や検疫の手続きを経たものだ。(市民団体側が問題視する)七つの酒蔵の酒もすでに、韓国で流通しているものだ」と主張している。日本大使館は予定通りイベントを開催する方針だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース